メイン

2006年03月09日

中締め

此れをもって、現役経営者への戒め篇である菜根譚前集222項の超訳を終わり、退役経営者の第二の人生に対する戒め篇である後集134項に挑戦する。
菜根譚以外の告知板掲載の原稿は一切の資料を閲覧せず、只管に記憶のみで書いてきたが、この菜根譚に関しては和綴じの原書復刻版と漢和辞典、古語辞典などの助力があって書いてきた。
翻訳しようとした動機は、自己宣言を続ける教え子達への価値提供と、現役経営者としての自分への戒め、再確認であった。
後集134編は、私が引退をする準備として私自身の為に超訳に挑戦する。

●『菜根譚』後集  −達人のすすめ− 

1項〜134項

菜根譚の後集は、退職後の人生を有意義に生きてゆく指針として書かれています。勿論、かなり昔の話ですが、今尚、イキイキと生きてゆく気付きを与えてくれます。
なお、この超訳は、日本ベテランズ倶楽部の「活人・達人・貴人」に捧げます。

訳者:小林慧智