« ■前集95項 | メイン | ■前集97項 »

■前集96項

君子而詐善、無異小人之肆悪。
君子而改節、不及小人之自新。

君子(くんし)にして、而(しか)も善を詐(いつわる)は、小人(しょうじん)の悪を肆(ほしいまま)にするに異(ことな)ること無し。
君子(くんし)にして、而(しか)も節を改(あらた)むるは、小人の自(みずか)ら新たにするに及(およ)ばず。

上に立つ人間でありながら、偽善を行っているのは、下衆な連中が悪事をやりたい放題にしているのと変わりない。
上に立つ人間でありながら、自戒の決め事を変えるのは、下衆な人間が心を入れ替えるも及ばない。
つまり、上に立つ者は、心底から善を成し、コロコロと考えを変えるべきではないということ。今の日本の政治屋にもっとも聞かせたいようなことだ。
言い換えれば、活人は善に対して不動心をもっている人といえる。
慧智(030615)