« ■前集53項 | メイン | ■前集55項 »

■前集54項

人之際遇、有斉有不斉、而能使己独斉乎。
己之情理、有順有不順、而能使人皆順乎。
以此相観対治、亦是一方便法門。

人の際遇(さいぐう)は、斉(さい)なる有り、斉ならざる有り、而(しか)してよく己れをして独(ひと)り斉(さい)ならしめんや。
己れの情理は、順(じゅん)なる有り、順ならざるあり、而してよく人をしてみな順ならしめんや。
此れを以って相観し対治すれば、またこれ一の方便の法門なり。

人の身の上をみれば、満たされている人もあれば、満たされていない人もあるので、どうして自分だけが幸せで良いものだろうか。
自分の思いが上手く実現する場合もあれば、そうでない場合もあるのに、どうして人の思いだけが上手くいっていいものだろうか。
それらの関係をよく考えて対応するのも一つの方便なのだ。
つまり、何事にもバランスをとることが大切だということ。
言い換えれば、活人は中庸を生きているといえる。