« ■前集32項 | メイン | ■前集34項 »

■前集33項

放得功名富貴之心下、便可脱凡。
放得道徳仁義之心下、纔可入聖。

功名富貴(こうめいふき)の心を放(はなち)得下(えくだ)して、便(すなわ)ち凡を脱すべし。
道徳仁義(どうとくじんぎ)の心を放ち得下(えくだ)して、纔(はじめ)て聖に入るべし。

成功しよう、金持ちになろうとする心を捨て切ることが出来れば、並外れた人間になれる。
道徳や仁義を重視する心を捨て切れれば、聖人の仲間入りが出来る。
つまり、活人は大志を抱いて大志に任せず、大欲を抱いて大欲に任せず。
言い換えれば、活人の願いは偉大で、現実に対しては足るを知る。
慧智(030602)