« ■前集21項 | メイン | ■前集23項 »

■前集22項

好動者、 雲雷風灯、嗜寂者、死灰槁木。
須定雲止水中、有鳶飛魚躍気象、纔是有道的心体。

動を好む者は、雲電風灯、寂(じゃく)を嗜(たしな)むは、死灰槁木(しかいこうぼく)なり。
須(すべから)く定雲止水(うんていしすい)の中に、鳶(とび)飛び魚躍(うをおど)るの気象あるべくして、纔(はじ)めて是は有道の心体なり。

動き回ることが好きな者は、雲間に轟く雷鳴や風に揺れるともし火のようだ。
静かで落ち着いている事を好む者は、動かない雲や流れない水のようだ。
大事なのは、鳶が飛び、魚が躍るような好機を捉えるまで動かず、好機と解かればガンガン動くのが正しい心のありかただ。
つまり、活人は心眼で気を捕らえ、無心に動く者。
言い換えれば、気を制する者なのだ。
慧智(030601)