« ■前集14項 | メイン | ■前集16項 »

■前集15項

交友、須帯三分侠気。
作人、要在一点素心。

友に交わるには須(すべか)らく三分の侠気を帯びべし。
人と作(な)るには一点の素心を在するを要す。

友人関係を維持するにはある程度相手に合わせる心をもっていなければならず、
立派な人間になろうとする者は、ここ一番の信念を持ち続けていなければならない。
つまり、活人は、友人を取るか、信念を貫くかと言えば、当然に信念を貫くべきである。
言い換えれば、活人の道は独立独歩といえるのである。
慧智(030531)